menu

ハラスメントについて

HOME > ハラスメントについて > ハラスメント防止宣言

ハラスメント防止宣言

金沢大学は、「地域と世界に開かれた教育重視の研究大学」の位置づけの下、グローバル社会をリードする人材の育成と、世界に通用する研究拠点の形成を目指し改革を推進しています。この改革により、あらゆる属性の人が集い、日本人学生と留学生が共に切磋琢磨し、そして国内外の研究者が活躍する多様性ある国際的なキャンパスを実現することで、卓越した実践的な大学改革の先導モデルを目指します。それは将来の本学のあるべき姿を構成員一人一人が思い描き、その理想の具現化に向けて、各人が主体的に取り組むことで実現できるものです。

そこでの修学・就労は、すべての構成員にとって快適で有意義なものでなければなりません。このためには、教育、研究、社会共創と診療などの大学活動に参加するすべての構成員が、互いの人格を認めあい、その自由と権利を尊重しあうことが不可欠です。しかし、時として不適切な言動や行動が相手の人格を著しく傷つけ、修学・就労を妨害することや他の構成員の修学・就労環境を害することも起こり得ます。

金沢大学は、このようなハラスメント行為が生じないよう常に努め、また万が一そのような事態が生じた場合には、迅速に事態が改善されるよう最大限の努力をしてまいります。

これにより、本学に関わるすべての人が一人の人間として尊重され、それぞれの立場から修学・就労に専心できる環境を整え、多様な属性の違いを生かして個々の能力を最大限に引き出すことにより付加価値を生み出し続ける大学運営を目指します。

金沢大学は、構成員の一人一人がハラスメント防止の担い手であるとの認識を持ち、その徹底的な防止と対策の実施に努めます。

金沢大学学長